歯周病について|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

歯を失う最大の原因は歯周病

むし歯もないのに歯が抜ける!恐ろしい病気歯周病!
なんと、30歳以上の人で歯を失う原因の9割が歯周病です。

歯周病ってどんな病気?
一言でいうと"歯ぐき"の病気です。
歯肉がはれ、歯を支える骨が溶け、歯がグラグラしはじめ、悪化が進むと歯を抜くことになります。
虫歯のような激痛が少ないため、自覚症状がないまま、気付いた頃には治療不可能なほど悪化していることが多い、横綱級の怖い病気です。
すでに、成人の9割がかかっていると言われています。

どうしてなるのでしょう。
原因は「歯垢(しこう)」。歯垢とは、細菌のかたまりです。
歯と歯肉のさかいめについた歯垢から、歯の根っこにそって細菌が入り込み、炎症が起こり、歯肉が腫れ、歯を支える骨が徐々に溶け出していきます。

日々の生活の中で、簡単に防げます。
歯周病の原因となる歯垢・歯石ができないように、毎日のブラッシングで丁寧に細菌を取り除きましょう。
ただ、家庭でのブラッシングだけでは、絶対に取りきれない「細菌の膜」ができます。どんな歯磨き粉を使っても、どんな長時間みがいても、避けることはできません。
この「細菌の膜」を取るため、最低3ヶ月に1度は歯科医院で予防トリートメントを受けておきましょう。(痛みはありません)
そうすれば知らない間に歯がグラグラになっていた、ということはありません。

こんな症状がでたら要注意です!

@歯ぐきの色が黒っぽい A歯肉が腫れている B歯みがきの時、出血する C口臭が強い
D時々、歯ぐきがはれる E朝、口がねばる  F歯をみがく時痛い  G噛みづらい

歯周病治療メニューページへ戻る

トップページへ戻る