お使いですか!?歯間ブラシ・デンタルフロス|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシ・デンタルフロス一生自分の歯で食べるために、効果的な【トータルプラークコントロール】を提案します。
歯と歯の間にひそんでいるプラーク(細菌のかたまり)を除去しましょう。

●毎日ブラッシングしているのに、う蝕(虫歯)歯周病(歯肉炎・歯周炎)になる。

原因は「歯と歯の間」や「歯と歯肉(歯ぐき)の境目」にひそんでいるプラーク(細菌のかたまり)なのです。下のデータを見れば明らかなように「歯ブラシ」と「歯間清掃具}を併用することでプラーク除去率を飛躍的に高めることが出来ます。しかし、残念ながら「歯間清掃具」をお使いの方は、まだまだ少数派。歯科医師・歯科衛生士の指導を受けながら、ぜひ効果的な「プラークコントロール」を身に付けてください。

●歯ブラシだけでは、プラークを取り残すことがあります。

プラーク除去率

 ●「歯と歯の間」と「歯と歯肉(歯ぐき)の境目」にひそむプラークに要注意!!

「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」にひそむプラーク(細菌のかたまり)は、お口の中の二大疾患「う蝕(虫歯)」と「歯周病(歯肉炎、歯周炎)」の大きな原因です。

歯と歯の間の「隙間の広さ」にあった適切なサイズの歯間ブラシ、デンタルフロスを選びましょう。

●歯肉(歯ぐき)を傷つけないように。力を入れすぎないように!!

歯間ブラシによる歯肉の損傷ではなく、歯周病が原因で出血する場合もあります。定期的に歯科医院で歯科医師や歯科衛生士のチェックを受けることをお勧めします。

予防歯科メニューページへ戻る

トップページへ戻る