妊娠時の口腔ケアのポイント|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

妊娠時の口腔ケアのポイント

妊娠時の口腔ケアのポイント妊娠初期のつわりの一症状として嘔吐がみられますが、全妊婦の約15%が歯磨きの際に吐き気があるとの事です。

しかし、だからといって歯を磨かなかったり、いいかげんな歯磨きをしていると、虫歯が出来やすくなるばかりでなく、歯肉が腫れたり出血しやすくなります。妊娠中にこそ歯・口のお手入れは慎重にしなければいけません。

そこで妊娠中の口腔ケアのポイントは?

つわりのある時は体調の良い時間に
つわりは朝の起床時や疲れのたまった夜、あるいは食後に多くみられるようです。歯磨きは食後が効果的ですが、食べた後のつわりのつらい時を避けて、体調の良い時間を見つけることが大切です。お風呂につかりながらの“ながらみがき”でリラックスしているときに磨きましょう。

奥から前へかきだして磨こう
つわりの時には、のどに近い場所はとくに吐き気をもよおします。できるだけ奥歯に歯ブラシを当ててから、前の方にかき出すように歯ブラシを動かしましょう。

顔を下に向けて磨こう
歯を磨く時にのどの方に唾などが溜まると、その刺激で吐き気が出たりすることがあります。なるべくのどの方に流れないよう、下を向いて歯磨きしましょう。

においの強い歯磨き剤は使わない
妊娠中は臭いに対して過敏になる事があります。歯磨き剤の中に含まれている香料の強いものでは、臭いを嗅いだだけで気持ち悪くなることもあります。できるだけ香料の強くない歯みがき剤を使用するようにしましょう。

歯ブラシは小さめのものを選び、ストロークを小さめに磨く
大きな歯ブラシを使うと、奥歯を磨くときにのどに近い粘膜を刺激することになりかねません。のどに近い部分に触れると、吐き気をもよおすことになるので、なるべく小さな歯ブラシを使ってストロークを小さめに磨きましょう。また、どうしてもつわりがひどく歯みがきができないときはブクブクうがいを充分にしたり、シュガーレスガムを噛むようにしましょう。

体がだるくても頑張ってみよう
妊娠後期になると体もだるくなって、横になりたいことが多くなり、何事もおっくうになりがちです。しかし健康を維持するためには少しの努力は必要です。将来のことも考えて、歯磨きを怠らないようにがんばりましょう。

マタニティ歯科へ戻る

トップページへ戻る