阿部歯科クリニックQ&A|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

妊娠中の歯科治療

Q1 麻酔の影響はありませんか?

歯科治療では、抜歯などの他にも、無痛的に治療を行うために局部麻酔を行います。その使用に関しては通常の歯であれば、母体・胎児ともに影響はありません。

Q2 X線(レントゲン)撮影は影響ありませんか?

病気の診断にX線検査がどうしても必要になる場合があります。このような時、胎児への影響が心配になるのは当然です。しかし、歯科で一般に行われるX線撮影による放射線量は、一年間に受ける自然放射線の放射線量に比べても、比較にならないほど低いのです。撮影装置も改良され、高感度フィルムも普及しています。また撮影時には鉛入りの防護エプロンを使用しますので、胎児への影響はほとんどありません。

Q3 薬を飲んで影響はありませんか?
一般に歯科治療で投与される薬は【痛み止め】と【化膿止め】が主です。薬は妊娠初期に影響がでやすいので、妊娠中には歯科の薬だけでなく、一般の薬も飲まないにこしたことはありません。薬は歯科医師が治療の有益性が副作用等のリスクを上回ると判断した上で投与されます。できるだけ安全性の高いものを、必要最小限の量と期間で投与するようにしています。
Q4 妊娠中や出産直後の治療は可能ですか?
妊娠も出産もすべて生理的な営みですから、ほとんどの治療が可能です。痛みなどをがまんしてストレスをためるより、悪いところは早めに治した方がストレスがなくなり、かえって身体にも胎児にも良いと考えられます。
Q5 妊娠すると胎児にカルシウムをとられますか?
『子供にカルシウムをとられてしまって歯がだめになった』というお母さんがよくおられますが、そのようなことはありません。妊娠をきっかけに食生活の変化や口の中の掃除を怠ったために、むし歯や歯周病になったと考えられます。
Q6 妊娠するとむし歯になりやすいの?

妊娠中、つわりなどによる吐き気のため口の中が清潔に保てなくなったり、食事・間食が不規則になったり、唾液の量が少なくなったり、口の中の(ペーハー・水素イオン濃度)が酸性に傾いたりしてむし歯が発生しやすい状態になります。歯科医院で衛生指導を受けて、普段から口の中を清潔に保つことが必要です。

Q7 妊娠すると歯周病になりやすいの?
妊産婦の約半数に妊娠性歯周炎という歯周病が見られると言われています。妊娠すると歯肉に炎症を起こしやすくなり、出血しやすくなります。不潔にしていると炎症は広がりますので、早い時期から口の中を清潔に保つ習慣を身に付ける必要があります。
Q8 妊娠中の歯磨きは?
妊娠すると口の中のPHが酸性に傾いたり、唾液の粘性が増したりしてむし歯になりやすくなります。また、毛細血管が敏感で出血しやすく、歯周炎を起こしやすくなります。日頃からきちんとした歯みがきの習慣をつけておくことが大事です。つわりで歯磨きがしにくい時は、ヘッドが小さい歯ブラシの使用をお勧めします。また、歯磨き粉は無し、もしくは少量使うと気持ち悪さが少なくなります。不明なことがあれば当医院で衛生指導を行っておりますのでお申し付けください。

マタニティ歯科へ戻る

トップページへ戻る