マタニティ歯科|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

命の芽生えを知ったら

赤ちゃんの丈夫な歯を育てましょう
おめでとうございます。ママになる喜びのあなたに私たちからのお願いです。

女性の体は妊娠によって大きく変化します。外形はもちろん、見えない体の中も生活も変わります。この変化が歯や歯肉の問題を引き起こすきっかけとなり、出産後に歯の病気に悩む方がいます。
そんなことにならないよう、体が安定期を迎えたら、お口の健康診断をお受け下さい。

歯や歯ぐきの病気に弱い妊婦さん
命の芽生えを知ったら妊娠したら今までよりも丁寧に歯や口の手入れをして下さい。

昔から、妊婦や出産を経験した女性は、赤ちゃんにカルシウムを奪われて歯が悪くなると言われています。本当でしょうか?それはちょっと違います。

赤ちゃんができると、ホルモンのバランスが変わります。この影響で、唾液の分泌量が減り、ネバネバも強くなって歯に汚れがくっつきやすくなります。また、つわりの時期を過ぎると、食べ物を口にする機会が増えます。妊娠中は、むし歯や歯周病になる条件がいくつも重なり、どうしても歯や口の病気が始まりやすいのです。

おかあさんの歯や歯ぐきの病気は、赤ちゃんのせいではないという訳です。
妊娠したら今までよりも丁寧に歯や口の手入れをして下さい。

栄養バッチリの母体が赤ちゃんの丈夫な歯を育てます
赤ちゃんの歯は、お母さんのおなかの中でその芽ができます。

乳歯は、妊娠5週から9週、そして大人の歯も16週でできます。お母さんが必要な栄養を十分にとらないと、赤ちゃんの歯の芽が栄養不足になります。骨やアゴの発達を促すビタミンAやD、妊娠中は腸からの吸収力が高まるカルシウム(骨や歯の成分)等を積極的にとって下さい。栄養バランスの良い食事が、赤ちゃんの歯の芽を丈夫に育てます。

マタニティ歯科へ戻る

トップページへ戻る