スリープスプリントについて|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

スリープスプリントについて

いびき治療のファーストチョイス

いびきの治療には、その原因や症状に応じて、内科的な治療から外科的手術まで、さまざまな方法があります。お酒を飲んだときだけいびきをかく、とか、旅行に出かけるときだけ、あるいは病院に入院するときだけ周りの人に迷惑をかけたくないといった人には治療のファーストチョイスとして、歯科的治療のスリープスプリントがおすすめです。
睡眠呼吸障害といっても、軽症ないびきだけをかいているものから、命にかかわるような重症の患者さんもいます。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、呼吸器内科、精神科、耳鼻咽喉科の先生に睡眠検査を依頼して、よく担当医と相談して下さい。

装着するだけで効果絶大

スリープスプリントは、簡単に言ってしまえば、寝るときに口の中に装着し、気道を確保する装置です。
全身麻酔の際の気道確保にヒントを得て考案されたものです。スリープスプリント口に装着するだけでいいという簡便な装置ですが、治療器具ですので、医師の診断と指導を受ける必要があります。そのうえで、一人ひとりの口や顎の形、歯並びに合わせてスリープスプリントを作ります。
スリープスプリントは2〜3回ほど来院していただくだけでできあがります。丈夫なアクリル樹脂でできていますので、歯の状態が変わらなければいつまでも使用できます。

スリープスプリントの仕組み

スリープスプリントのしくみいびきは、寝るときに気道がなんらかの理由で狭められたときに起こりますが、その原因のひとつに舌根が奥に沈み込むことがあげられます。

スリープスプリントは、下顎を前に引き出して、舌根が奥に沈み込むのを防ぎます。

いびきをかきやすい人に下顎が後退している人や下顎が小さい人がいるのですが、スリープスプリントはその特徴を逆手にとったようなものです。後退している下顎、小さい下顎の場合も、下顎を前に引き出すことで、気道が確保できるわけです。

また、口を開けて寝る習慣のある人にも、効果を発揮します。

口を開けて寝るといびきをかきやすいのは、口の中が乾燥して摩擦抵抗が増え、気道がふさがりやすくなるためですが、スリープスプリントは、装着すると上下の顎が固定されるため、自然に口を閉じて寝られるようになります。

装着していることで唾液の分泌も促され、口の中の乾燥が防げるので、まさに一石二鳥です。

いびき治療メニューページへ戻る

トップページへ戻る