いびきはこんな人がかく|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

いびきはこんな人がかく

いびきが、気道が十分に確保できないために起こることでわかるように、いびきをかきやすい人には、体型などにいくつかの特徴があります。

いびきをかきやすい人
舌が大きい人
舌が大きい人

いびきの主な原因は肥満、特に舌の肥大です。

やせた人でも睡眠時無呼吸症候群になる患者さんがいますが、口の中を診ると舌の肥大が特徴的にみられます。舌が大きくなったため、以前は口を開けば見えていた口蓋垂(のどちんこ)が見えなかったり、見えにくくなったりします。

仰向けに寝れば重力によって舌はその重みによって気道をふさぎ、狭窄または閉塞が起き、いびきや呼吸停止につながります。

肥満体型の人
肥満体型の人

いびきと肥満には密接な関係があります。

太っていると、軟口蓋や咽頭壁などにもぜい肉がついているため、首の太さに比べて気道が狭くなっています。舌も厚みを増して肥大しているので、寝たときにはいっそう気道をふさぐことになってしまいます。

しかも、太っている人は普通の人よりも酸素をたくさん必要とするので、多くの空気を吸おうとして呼吸が深くなり、余計に空気抵抗が大きくなって、いびきをかきやすくなります。

下あごが小さい人、下あごが後退している人
下あごが小さい人、下あごが後退している人

下あごが小さかったり後退したりしていると、舌を支えているスペースも小さいので、仰向けに寝た時に舌がのどの奥に沈みこむ確率が高くなります。

これが、気道を狭くする原因になっています。

首が太くて短い人
首が太くて短い人

決して、首が太いから気道も太いわけではありません。

俗に猪首といわれる、首が太くて短い人は、肥満体型の人と同じで気道に脂肪がついていることが多く、いびきをかきやすいタイプです。

扁桃が肥大している人
扁桃が肥大している人

外見からではわかりませんが、のどの奥の口蓋扁桃やアデノイド(咽頭扁桃)が肥大している人は、気道がふさがれて狭められています。

子どものいびきの場合は、これが原因でかくことが多くなっています。

口蓋垂の長い人
口蓋垂の長い人軟口蓋の中央にある口蓋垂(のどちんこ)が舌に届くほど長い人、またその左右の口蓋弓間の距離が短い人は、咽頭がもともと狭いので、気道が確保しにくく、いびきをかきやすくなります。
鼻の病気のある人
鼻の病気のある人鼻筋が曲がっている鼻中隔攣曲症や慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄のう症)などの鼻疾患のある人、だんご鼻の人などは十分な鼻呼吸ができず、鼻腔で強い抵抗が起こり、鼻翼が振動していびきになります。

いびき治療メニューページへ戻る

トップページへ戻る