入れ歯・義歯―ホワイトクラスプについて|足利市 太田市 佐野市 桐生市 館林市 伊勢崎市 歯医者 歯科 歯科医院

足利市 歯医者 阿部歯科クリニック
阿部歯科トップページへ チームメンバー募集
足利デンタルなび
かみあわせ
歯周病治療ドットコム
ホワイトニング

栃木県足利市鹿島町1130 ご予約は >>0284-64-1110
携帯メールからのご予約は>> abeshika1110@docomo.ne.jp

    ライン
facebook ameba
twitter mixi
オンライン予約
Yahoo!ブックマークに登録
院長のひとり言

義歯―ホワイトクラスプについて

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)とは

白いバネの入れ歯部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。
このアセタル樹脂は従来の歯科用レジンと比較して、以下のような点が優れているので、白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)のバネとして使用出来るのです。

  1. 強くて柔軟性があり、かみ合わせに合わせてたわむ。
  2. 耐疲労性が高く、金属のバネに比べて、装着間も快適。
  3. 生体適合性が高い。
  4. 耐殺菌性で汚染しにくい。
  5. 従来の歯科用プラスチックのように、気泡が出来にくく、臭いが付きにくい。

従来の金属のバネの入れ歯右の写真は、一般的に部分入れ歯 に使われる金属のバネです。

今までは、お口の中の詰め物や被せ物を白いものに変えても、最後に部分入れ歯を入れると、金属のバネが見えて、審美的に満足のいかない場合が多くありました。

白いバネに変えた入れ歯写真は白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)に変えたところです。

金属のバネに比べて、とてもきれいになりました。


白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)の応用例

白いバネの入れ歯治療前従来の部分入れ歯は、金属バネ、人口歯、プラスチックの歯茎の組み合わせで、出来ていますが、1本だけの入れ歯なら、アセタル樹脂の一体成型で、白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ入れ歯)を作ることも出来ます。

右の写真は模型ですが、従来の金属のバネの部分入れ歯が入っています。

白いバネの入れ歯治療後アセタル樹脂の一体成型で、バネと入れ歯部分を作った物です。すべてが白いので、ほとんど目立ちません。

入れ歯/義歯治療メニューページへ戻る

トップページへ戻る